学術雑誌掲載論文
  1. Toyokazu Akiyama, Yuuichi Teranishi, Ryohei Banno, Katsuyoshi Iida, Yukiko KawaiScalable Pub/Sub system using OpenFlow ControlJournal of Information Processing, Vol24, No.4, pp. 635-646, July 2016.

  2. Ryohei Banno, Susumu Takeuchi, Michiharu Takemoto, Tetsuo Kawano, Takashi Kambayashi, Masato Matsuo: Designing Overlay Networks for Handling Exhaust Data in a Distributed Topic-based Pub/Sub Architecture, Journal of Information Processing, Vol.23, No.2, pp.105-116, March 2015. Specially Selected Paper, 2015年度論文賞

  3. Ryohei Banno, Tomoyuki Fujino, Susumu Takeuchi, Michiharu Takemoto: SFB: a scalable method for handling range queries on Skip GraphsIEICE Communications Express Vol.4 (2015), No.1, pp.14-19, Februaly 2015.

  4. 竹内亨, 坂野遼平, 馬越健治, 兼村厚範, 川鍋一晃, 川野哲生, 神林隆, 武本充治, 松尾真人, 柿沼隆馬: エージェントベース分散処理基盤の提案とBMI応用サービスへの適用による評価, 情報処理学会論文誌, Vo.55, No.2, pp.681-694, Februaly 2014.

  5. 坂野遼平, 佐藤晴彦, 小山聡, 栗原正仁: P2Pネットワークにおけるスキップグラフと接尾辞配列を用いた部分一致検索手法, コンピュータソフトウェア(日本ソフトウェア科学会誌) Vol.29, No.3, pp.164-180, August 2012.

  6. 坂野遼平, 佐藤晴彦, 小山聡, 栗原正仁: Overlay Weaver のALM 機能拡張とP2P 型コミュニケーションシステムUenew への応用, コンピュータソフトウェア(日本ソフトウェア科学会誌) Vol.29, No.2, pp.123-139, April 2012.

  7. 西田京介, 坂野遼平, 藤村考, 星出高秀: データ圧縮によるツイート話題分類, 日本データベース学会論文誌 Vol.10, No.1, pp.1-6, June 2011.

国際会議論文
  1. Ryohei Banno, Jingyu Sun, Masahiro Fujita, Susumu Takeuchi, Kazuyuki ShudoDissemination of Edge-Heavy Data on Heterogeneous MQTT BrokersProceedings of The 6th IEEE International Conference on Cloud Networking (CloudNet 2017), September 2017.

  2. Takafumi Kawaguchi, Ryohei BannoMasashi Hojo, Masaaki Ohnishi, Kazuyuki ShudoSelf-Refining Skip Graph: Skip Graph Approaching to an Ideal TopologyProceedings of The 14th Anual IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC 2017), pp.441-448, January 2017. (acceptance rate: 35%, full: 105/302)

  3. Masashi Hojo, Ryohei Banno, Kazuyuki ShudoFRT-Skip Graph: A Skip Graph-Style Structured Overlay Based on Flexible Routing TablesProceedings of The IEEE Symposium on Computers and Communications (ISCC 2016), pp.657-662, June 2016.

  4. Takafumi Kawaguchi, Ryohei BannoMasashi Hojo, Kazuyuki ShudoSelf-Refining Skip Graph: A Structured Overlay Approaching to Ideal Skip GraphProceedings of The 38th Annual International Computers, Software & Applications Conference (COMPSAC 2016), pp.377-378, June 2016.

  5. Yuuichi Teranishi, Ryohei BannoToyokazu AkiyamaScalable and Locality-Aware Distributed Topic-based Pub/Sub Messaging for IoT, Proceedings of the IEEE Global Communications Conference (GLOBECOM 2015), pp.1-7, December 2015. (acceptance rate: 35%, full: 915/2614)

  6. Ryohei BannoTetsuo Kawano, Susumu Takeuchi, Michiharu Takemoto, Masato MatsuoComparison of Subscriber Assignment Methods on Scalable Distributed Pub/Sub Systems, Proceedings of the 21st Asia- Pacific Conference on Communications (APCC 2015), pp.632-636, October 2015.

  7. Toyokazu Akiyama, Yukiko Kawai, Yuuichi Teranishi, Ryohei Banno, Katsuyoshi Iida: SAPS: Software Defined Network Aware Pub/Sub - A Design of the Hybrid Architecture utilizing Distributed and Centralized Multicast, Proceedings of the 39th Annual International Computers, Software & Applications Conference (COMPSAC 2015), pp.361-366, July 2015.

  8. Ryohei Banno, Susumu Takeuchi, Michiharu Takemoto, Tetsuo Kawano, Takashi Kambayashi, Masato Matsuo: A Distributed Topic-based Pub/Sub Method for Exhaust Data Streams Towards Scalable Event-driven Systems, Proceedings of the 38th Annual International Computers, Software & Applications Conference (COMPSAC 2014), pp.311-320, July 2014. (acceptance rate: 22%, full: 45/209)

  9. Kyosuke Nishida, Ryohei Banno, Ko Fujimura, Takahide Hoshide: Tweet Classification by Data Compression, Proceedings of the International Workshop on Detecting and Exploiting Cultural Diversity on the Social Web (DETECT 2011, in conjunction with ACM CIKM 2011), pp.29-34, October 2011.

  10. Ryohei Banno, Haruhiko Sato, Satoshi Oyama, Masahito Kurihara: Uenew: A Cross-Browsing Communication System Based on Peer-to-Peer Networks, Proceedings of the 2011 IAENG International MultiConference of Engineers and Computer Scientists (IMECS 2011), pp.697-701, March 2011. Best Student Paper Award

国内学会発表(査読有り)

  1. 坂野遼平藤田雅浩, 竹内亨スケーラブルなMQTTブローカの実現に向けた分散連携プロキシの提案マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム, pp.541-547, July 2016.

  2. 坂野遼平, 佐藤晴彦, 小山聡, 栗原正仁: アーカイブ取得可能なアプリケーション層マルチキャストの実装とP2P型ウェブ閲覧者間コミュニケーションシステムへの応用, 第12回 インターネットテクノロジーワークショップ (WIT 2011), June 2011.

国内学会発表(査読無し)

  1. 北條真史, 坂野遼平, 首藤一幸: FRT-Skip Graph: 柔軟な経路表に基づくSkip Graph型構造化オーバレイ電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会, IA2015-95, March 2016. (学生研究奨励賞)

  2. 川口峻史, 坂野遼平北條真史, 首藤一幸: Self-Refining Skip Graph: 理想的なSkip Graphに近づいていく構造化オーバレイ電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会, IA2015-96, March 2016. (学生研究奨励賞)

  3. Masahiro Fujita, Toyokazu Akiyama, Yuuichi Teranishi, Ryohei banno, Katsuyoshi Iida: Implementation of cross layer Pub/Sub middleware and evaluation of join and leave performanceWorkshop on Internet Architecture and Applications 2015, November 2015.

  4. 虎谷章, 秋山豊和, 坂野遼平, 寺西裕一アプリケーション層マルチキャストとOpenFlow を用いたマルチキャストの連携のための性能比較調査電子情報通信学会総合大会, B-16-12, March 2015.

  5. 藤田雅浩, 秋山豊和, 寺西裕一, 坂野遼平Application Layer Multicastを用いたPub/Sub基盤と連携して動作するOpenFlow Multicastの設計および実装, 電子情報通信学会総合大会, B-16-11, March 2015.

  6. 虎谷章, 坂野遼平, 竹内亨, 川野哲生, 武本充治, 松尾真人: Pub/Subメッセージングにおける媒介中心性を用いたBroker連携方式に関する検討第26回コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys2014), November 2014.

  7. 坂野遼平, 竹内亨, 川野哲生, 武本充治: 分散pub/subにおけるsubscriber配置に関する一検討電子情報通信学会総合大会, B-7-22, March 2014.

  8. 坂野遼平, 竹内亨, 武本充治, 神林隆, 川野哲夫, 松尾真人: ストリームデータの配送に向けた分散トピックベースPub/Sub手法の提案電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会, IA2013-64, December 2013. IA研究賞

  9. 坂野遼平, 竹内亨, 武本充治, 松尾真人: ユビキタスサービスプラットフォームにおけるSkip Graphを用いたpublish/subscribe機構の検討電子情報通信学会総合大会, B-6-65, March 2013.

  10. 竹内亨, 坂野遼平, 馬越健治, 川野哲夫, 神林隆, 武本充治, 松尾真人, 柿沼隆馬: BMI応用サービスの実現に向けたエージェントベース分散処理基盤の提案と評価情報処理学会第154回DPS研究会, March 2013.

  11. 坂野遼平, 佐藤晴彦, 小山聡, 栗原正仁: 構造化オーバレイにおけるキーの接尾辞を用いた部分一致検索手法, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2012), E3-6, March 2012. 学生奨励賞

  12. 堀宮ありさ, 坂野遼平, 佐藤晴彦, 小山聡, 栗原正仁, 沼澤政信: Twitterにおける発話者へのリプライを用いたユーザ感情推定手法, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2012), F2-1, March 2012.

  13. 坂野遼平, 佐藤晴彦, 小山聡, 栗原正仁: P2Pネットワークにおけるスキップグラフと接尾辞配列を用いた部分一致検索手法の提案, 日本ソフトウェア科学会第28回大会, 3D-1, September 2011.

  14. 西田京介, 坂野遼平, 藤村考, 星出高秀: データ圧縮によるTwitterのツイート話題分類, 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011), A1-6,  February 2011. 最優秀インタラクティブ賞

  15. 坂野遼平, 佐藤晴彦, 小山聡, 栗原正仁: 分散ハッシュテーブルとアプリケーション層マルチキャストを用いたウェブ閲覧者間コミュニケーションシステムの実装, 情報処理北海道シンポジウム2010, C-2, October 2010. 技術研究賞

  16. 坂野遼平, 佐藤晴彦, 小山聡, 栗原正仁: アプリケーション層マルチキャストにおけるアーカイブ取得方式の提案とその応用, 第72回情報処理学会全国大会, 2ZC-5, March 2010. 学生奨励賞

その他(招待講演,勉強会等)

  1. 書籍執筆への情報提供: ブロックチェーン 仕組みと理論, リックテレコム, October 2016.

  2. 坂野遼平国際標準化とビジネス戦略(2)電子情報通信学会ソサイエティ大会, TK-3(パネルディスカッション), September 2016.

  3. 坂野遼平国際標準oneM2Mの動向とNTTにおける取り組み電子情報通信学会ソサイエティ大会, TK-3-4, September 2016.

  4. 坂野遼平: IoTに適した分散pub/sub基盤の実現へ向けて(2015年度論文賞の受賞論文紹介), 情報処理, Vol.57, No.8, August 2016.

  5. 2nd oneM2M Interop event, May 2016.

  6. 坂野遼平pub/subと構造化オーバレイ第8回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ, March 2016.

  7. 北條真史, 坂野遼平, 首藤一幸FRT-Skip Graph: 柔軟な経路表に基づくSkip Graph型構造化オーバレイ第8回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ, March 2016.

  8. 川口峻史, 北條真史, 坂野遼平, 首藤一幸Self-Refining Skip Graph: 理想的なSkip Graphに近づいていく構造化オーバレイ第8回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ, March 2016.

  9. 1st oneM2M Interop event, September 2015.

  10. Novel and Innovative R&D Making Use of Brain Structures (Exhibition), IEEE Annual International Computer Software & Applications Conference (COMPSAC), July 2013.

  11. 坂野遼平構造化オーバレイにおけるsuffix arrayを用いた柔軟な検索の実現第5回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ, October 2011.

  12. P2Pネットワークにおけるスキップグラフと接尾辞配列を用いた部分一致検索手法, 北楡会母校交流会, October 2011.

  13. P2Pで実現するウェブ閲覧者間コミュニケーションクラウド温泉2.0@小樽, August 2011.

  14. 分散ハッシュテーブルとアプリケーション層マルチキャストを用いたウェブ閲覧者間コミュニケーションシステム, 北楡会母校交流会, October 2010.

特許
  • 竹内亨, 武本充治, 坂野遼平神林隆, 川野哲生, 松尾真人, 依田育生: 実空間サービス提供システムの環境競合検出装置、方法及びプログラム, 2014/8/7出願, 2017/8/4登録, 特許6186320

  • 坂野遼平, 竹内亨, 武本充治, 神林隆, 川野哲生, 松尾真人: 情報配信システム及び情報配信方法, 2013/12/11出願, 2017/3/3登録, 特許6101622

  • その他:astamuse